PLDDという新しい治療┃ヘルニアにはレーザー治療がある

先天性の脳の病

脳

脳動静脈奇形は脳の動脈と静脈に関する病で、健康診断ではオプションとなる脳の検査をしっかり受けるなどの工夫が大切です。最近では若年性のくも膜下出血が脳動静脈奇形によって起こることや、早期治療では負担が少ないという情報が広まり、脳動静脈奇形に対する関心が高まっています。

もっと読む

注目されるがん第4の治療

レントゲン写真

がんの新たな治療方法として注目されているのが、免疫療法です。免疫療法は、人間が持っている免疫力を高めることによって、がんを退治します。他の治療法と比較して即効性には欠けますが、長期間効果が持続するのがこの治療法の特徴となっています。

もっと読む

ガン治療の最新世代

女性

樹状細胞にガンの目印を認識させると、それを免疫細胞に伝えガン細胞を攻撃するよう指令を出します。患者さんから採取した樹状細胞をワクチン化し注射するのが樹状細胞療法です。抗ガン剤治療と違い、がん細胞だけを狙い撃ちし正常細胞を傷つけないので副作用のリスクも下がります。

もっと読む

新しい治療法で楽な生活を

医者

日常生活でケアが大切

最近、椅子から立ち上がろうとしたときに腰に激痛が走るという経験をされる方が多くいます。また、歩いているだけで腰が痺れてつらいという方もいます。こうした悩みをお持ちの方は、椎間板ヘルニアの可能性があります。椎間板ヘルニアとは椎間板という腰のクッションを果たしている部分にある神経が圧迫されることによって起こる症状です。腰だけではなく、太ももや臀部にもしびれを引き起こします。椎間板ヘルニアの従来の治療法は手術によって神経の圧迫を開放するというものでした。こうした病気の治療法は一般的には手術などがあります。しかし、絶対に手術をしなければいけないというわけではありません。整形外科の医師とよく相談したうえで決めてください。

注目される新しい治療法

最近、椎間板ヘルニアにおける新たな治療法としてPLDDが注目されるようになりました。PLDDとは、レーザーを使用することで神経の圧迫を解消させる治療法です。この治療法の最大のメリットは、手軽に施術を受けることが出来るという点です。患者への肉体的精神的な負担が少ないため安心して治療を受けることができます。また、手術時間もかなり短く済むのも特徴です。通常の椎間板ヘルニア手術の場合入院はもちろんのこと手術後の療養もある場合がありました。しかしPLDDでは最短でも日帰りが可能となる手術であるため患者からの人気を集めています。まだ認知度が低く、あまり知られていないPLDDですが今後新しい治療法として医療業界からも注目されています。