PLDDという新しい治療┃ヘルニアにはレーザー治療がある

注目されるがん第4の治療

レントゲン写真

誰もが持つ免疫活用の治療

がん治療と聞くと、どのようなことを思い浮かべるでしょうか。手術で腫瘍を除去する外科的治療、放射線でがん細胞を退治する治療、そして抗がん剤による化学治療の3種類が従来のがん治療の方法です。ですが医学の発展によって、日々さまざまな種類の新しい治療法が確立されています。その新たな治療法の中で、第4の治療法として注目されている治療があります。それが免疫療法です。免疫療法とは、その名の通り免疫を活用した治療方法です。人間の誰もが持っている免疫の力を高めることによって、がんと戦います。この免疫療法は、早期発見であればあるほど高い効果が期待できます。がんの初期段階であれば患者の体力も高いため、自身の免疫でがんと戦う力も高くなるのです。

長期間の効果が期待できる

免疫療法の特徴には、効果が長期間持続することが挙げられます。人間の免疫力を高める治療法のため、他の治療法と比べると即効性がないものの、一度免疫力を高めることで、長期間の効果が期待できるのです。また免疫療法には、他のがん治療と比較して、副作用が少ないという特徴もあります。副作用が心配だという方でも、安心してできる治療法となっています。ほかにも、免疫療法は他の治療法と並行して行うことも可能です。放射線や化学治療など、人によってどの治療が効果的かは異なります。自分に合った治療方法を探していくために、複数のアプローチ方法を同時に行って、がんを退治する選択肢もあるのです。治療にはさまざまな選択肢が増えてきたからこそ、担当医師と相談して、自分に合った選択肢を選びましょう。